ファイナンスリース

概要

ファイナンスリースとは

お客さまが自由にお選びになった物件を
お客さまに代わってリース会社が購入し、
それをお客さまに貸し出すという形態の賃貸
借契約です。

基本的には中途解約不可で、リース期間中に
物件価格・金利・諸税・保険料等を含めた代金の概ね全額を
リース料としてお支払い頂く契約です。

リース、レンタル、割賦の比較

  ファイナンスリース
取引
レンタル取引 割賦取引
物件の選択 お客さまの任意 レンタル物件の中から お客さまの任意
契約期間 比較的長期 比較的短期 通常5年以内
所有権 リース会社 レンタル会社 お客さま(完済時)
中途解約 できない できる できない
契約終了後 再リースまたは返却 返却 お客さまの資産
管理事務※ リース会社 レンタル会社 お客さま
管理事務とは購入手続き、固定資産税の申告、保険料の支払等、煩雑な事務手続きをいいます。

メリット

機械設備の陳腐化リスクの軽減

著しい技術革新に伴う機械設備の陳腐化を考慮して、経済的耐用年数に合わせてリース期間を設定。
陳腐化リスクを軽減し、常に最新鋭の機械設備を使用することができます。

資金の効率的な運用

多額の購入資金が必要なく、一定のリース料だけで機械設備をご使用いただけますので、
資金の固定化を防ぐことができます。

資金調達の多様化

設備導入時にリースをご利用いただくことにより、他金融機関からの借入枠を温存することができ、
資金調達力に余裕が生まれます。

金利変動リスクの回避

原則、リース料は固定のため、月々のお支払い額が平準化でき、金利変動リスクが回避できます。

物件管理・事務をアウトソーシング

機械設備の購入手続き、固定資産税の申告・納付、損害保険手続き、物件の廃棄手続きなど
煩雑な事務手続きの負担を軽減し、事務の合理化が図れます。

サービスのお問い合わせ
お問い合わせ